「世界食料デー」月間2015 みんなで食べる幸せを

世界の食料問題

世界では今、何が起こっているのか。まずは、知ることから始めてみませんか。
また、私たちの暮らしや食生活から、世界の食料事情について考えてみましょう。

世界では9人に一人が栄養不足

世界で1年間に生産される穀物の量は25億トン※1。世界中のすべての人が十分に食べられるだけの食料は生産されています。それにもかかわらず、世界では7億9500万人※2、9人に一人が十分に食べられていません。食べられない人の数や割合を地域別に見ると、南アジアとサハラ以南のアフリカが特に深刻です。

※1国連食糧農業機関(FAO)(2016年)
※2国連食糧農業機関(FAO)(2015年)

食べ物は十分に足りている世界。すべての人が食べられないのはなぜ?

食料を生産しているのに十分食べられない

農業で生活している人の割合が高い開発途上国。飢餓に直面している人たちの約7割が農村部に住み、そのほとんどが小規模な農家です。そのため、天候の不順や自然災害が起こると十分に食べられないだけでなく、安定した収入を得ることも難しくなり、生活が成り立たなくなってしまいます。

  • 畑でトマトを収穫をする女性(西アフリカ・ベナン)畑でトマトを収穫をする女性
    (西アフリカ・ベナン)
  • 小麦を収穫する女性(南アジア・バングラデシュ)小麦を収穫する女性
    (南アジア・バングラデシュ)
  • 市場で売られているタマネギ(西アフリカ・ブルキナファソ)市場で売られているタマネギ
    (西アフリカ・ブルキナファソ)

食料を生産するために使われる水

世界で利用されている水の約70%は、食料を生産するために使われています。例えば、ハンバーガー1個に使われている小麦や牛肉を生産するためには、2400リットル=2リットルのペットボトル1200本の水が必要です。コップ1杯の牛乳を作るためには、200リットル=2リットルのペットボトル100本分の水が必要です。

世界で利用される水の70%は食料をつくるために

1/3が捨てられる食料

世界では人の消費のために生産された食料の1/3、毎年13億トンが捨てられています。なかでも先進国に住む私たちは、毎年2200万トン、サハラ以南のアフリカで一年間に生産される食料とほぼ同じ量の食料を捨てています※3。食料を生産するには水や土地などの資源がたくさん必要なため、食べ物を捨てるということは貴重な資源もムダにすることになります。

※3 国連食糧農業機関(FAO)(2011年)

世界で毎年ムダになっている食料13億トン生産された食料の1/3

たくさん輸入してたくさん捨てる日本

日本の食料自給率は39%(カロリーベース)※5。61%の食料を海外から輸入しています。それにもかかわらず、毎年捨てられる食料は2797万トン。まだ食べられるのに捨てられる食料は632万トン※6もあり、世界の食料援助量474万トン※7よりもはるかに多い量です。また、その約半分は家庭から出ています。

※5 農林水産省(2014年)※6 農林水産省(2013年)
※7 国連食糧計画(WFP)(2012年)

日本では61%の食料を海外から輸入 日本でまだ食べられるのに捨てられる食料632万トン 家庭から302万トン

すべての人が安心して食べられるように

日本の相対的貧困率は16.1%※8。約2000万人の人たちが、貧困ライン以下(全人口の中央値の半分に満たない所得)で生活しています。ひとり親家庭では更に深刻で、54.6%※9。まだ食べられるはずの食べ物がたくさん捨てられている一方で、食べることさえも十分ではない人たちがいることは、世界も日本も同じです。

※8 ※9 厚生労働省(2012年)

イラストボランティア/青山京子

もっと知りたい

2008年から開催している連続公開セミナーの内容をまとめたものです。複雑な食料問題について、さまざまな視点からわかりやすくまとめています。

  • 食べものの危機を考える食べものの危機を考える
    no.7
    家族農業の可能性
    2014年度 PDF 2.4MBPDF
  • 食べものの危機を考える飢餓を考えるヒント
    no.6
    農業投資について考える
    2013年度 PDF 1.8MBPDF
  • 食べものの危機を考える飢餓を考えるヒント
    no.5
    食べものの危機を考える
    2012年度 PDF 1.5MBPDF
  • 食べものの危機を考える飢餓を考えるヒント
    no.4
    安心して食べるために
    2011年度 PDF 1.5MBPDF
  • 食料への権利の視点から考える飢餓を考えるヒント
    no.3
    食料への権利の視点から考える
    2010年度 PDF 2.9MBPDF
  • 終わらない食料危機飢餓を考えるヒント
    no.2
    終わらない食料危機
    2009年度 PDF 2.3MBPDF
  • 食料価格高騰の影響飢餓を考えるヒント
    no.1
    食料価格高騰の影響
    2008年度 PDF 1.5MBPDF
栄養士さん必見!
about us